人工肛門



月別ログ
アバウト
コメント
リンク
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

ReadMe 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |

いやー寒い。最近寒いね。今年入ってから一番多く発してる言葉は確実に「さみー」だよ。パチスロ会社に勤める人、そしてサミーソーサ以上に「さみー」発言をしていると自負しております。



そんな中で昨日頑張って仕事してたんよ。そう、−25度の中に入ったりもしてた。−25度、て(笑)さすがに笑った。笑わざるを得ないね。だってさ、鼻で息したら「ふぁさ」って鼻毛が揺れるんだよ。普段一切の自己主張をしてこない鼻毛君がここぞとばかりに「ふぁっさー」って自己主張してくるんだよ。うん、息することで一瞬で鼻毛君が凍り付いてだよ。ばかだろ。



そんな中での作業。さすがにしんどすぎて如何に寒くないようにするかが肝心でありますので、僕のほうとしてもダッシュを使わざるを得ない。このご時勢、作業員な格好をしてダッシュするのは僕かマリオか、だよね。気持ちの上ではB連打(もちろん、Bチク、です。)。しかしながらダッシュしたらしたで早く脱出は出来るけど物凄い風を体に受けるので体の芯までまで冷える訳。



出来る限り寒い中にいたくない、だけど風を受けてしまうと心がポキリと折れてしまう・・・そこで考えた矢野先生。風の抵抗を限りなく少なく・・・つまり表面積を小さくすれば!早速横歩きを開始する矢野先生。冴えてるわぁ。と思いつつも21歳が真顔で横歩きするシチュエーションを客観視してまずいな、とは気づきました。でも寒さってのは恐ろしいものでございまして人の脳を蝕むのです。もう誰も見てねーしこのままダッシュや!初期のドラクエのキャラみたいな動き。横歩きのままダッシュ。そして冷静にその様子を見る自分。



まあ、確実に、欽ちゃん走り、だよね。ビックリした。まさか真顔で自分が欽ちゃん走りする日がやってくるとは夢にも思っていなかったのだから。その自分の姿を客観視した瞬間は、さすがに。さすがに、−25度の環境下で、文字通り頭を冷やしたよ。






でもそんな自分、嫌いじゃない。


| 過去日記 | comments(21) |
僕の名前はジャック・バウアー。 CTUテロ対策ユニットの特別捜査官。時は大統領予備選の当日。最有力候補パーマー上院議員の身に命の危険が迫っていた(中略)果たして暗殺グループの正体とは。彼らの真の目的とは。という事件とは関係なく矢野氏に事件が起こった。僕の人生で最悪の24時間が今始まろうとしている・・・。



という訳で早速その事件について話すよ。事件はリアルタイムで進行してないけど。事件は15時頃起きた。上司の方(ヴァンダレイシウバ似)が僕を見つけるなりニヤっとしたんだ。のちに矢野氏はこう語っている。「ええ、そうですね。はい、目で分かりました。あの目を見た瞬間でしたね。見た瞬間背筋がゾクっとしたのを感じたんです。そう、とてつもなく良くないことが起こる前触れのようでした。いや、予感じゃありません。確信です。嫌なことが起きると変に確信している自分がいたんです。」そして、ついていき目的地にたどり着くとそこには体を黒一色で纏った死神がいたのです。そう、皆さんも見たことがあるだろうカラスです。死神というか、まあ、正確には死体、ですよね。そこで言い渡される「これゴミ袋にどうにかして入れて捨ててきて。」



あっぎゃあー!そうです、この世の終わりを感じました。このミッション、完全にインポッシブルだよーー!?そう心で呟き、矢野氏は空を仰いだと言います。 あの遠い目はなかなか出来ないよ。



はっきり言って、恐怖、これ以外の感想は思い浮かばないほどの地獄絵図。鉄の棒を持ってきてどうにか箸の要領でつまむんだけどヤツは思いのほか重量級だからなかなか持ち上がらないわけ。そして何を考えているか分からない虚空を見つめる目、あさっての方向を向く首、無意味に黒く…そして尖った足、どれをとってもトラウマにさせるには一級品のポテンシャル。突然生き返って暴れ出してたら確実にトラウマになってた。というか既にちょっとなってる。思い出すだけで吐きそう。つまみながら思わず「俺の負けだーーッッ!勘弁してくれッッ!(ガイア戦におけるシコルスキー)ていうか仕事辞める!」って絶叫しかけた。そのくらいのポテンシャルをヤツは持ってたよ。今までで一番の強敵やで。最近友達に一番言われてる形容詞は何か考えた時に「キモイ。」だったって分かった時以上の絶望感だったよ。キモイとか酷いじゃん。すっごく傷つくよ。もう、こう、全員、朝起きたら思いのほか自分の加齢臭のキツさにヘコめ!ばーか!うんち!
| 過去日記 | comments(0) |
氷点下の状況下で仕事を行い、限界に達した矢野氏、「誰かありったけのタオルとお湯を用意してーー?!」と言ったかどうかは定かではありませんが温かいココアを体が欲したので早速買うことにしました。アカップオブカーフィープリーズ!と叫びつつココアを購入。(基本的に英語は苦手です。いずあぺん!)



が、しかし、この世とは得てして世知辛いものでありまして自動販売機の野郎は何故か冷たいココアと温かいココアを同じ行に並べやがっているのであります隊長殿!そう、賢明な皆様がお気づきの通り、ワタクシ本来買いたい温かいココアの上のボタン…つまりは氷盛りだくさんの冷たいココアを購入してしまったのでございます。今年に入って既に3度目でございます。料理記者歴30年の岸朝子さんお味の方はどうですか大変おいしゅうございます!





ってそんな訳あるかー!!!!!!!!1111





少々穏やかでは無いですが僕の方と致しましても「ぶっ殺すぞ。」と言う単語した浮かんでこないよ。寒い上にこの仕打ち。あのさ、冬将軍の野郎、さすがにちょっと調子に乗りすぎ。ちょっと調子乗りすぎだって(笑)いくらなんでも僕にも限界はあるよ。ヤツが頑張りすぎるせいで僕の体がしばれる(いや!そういう趣味じゃなくて、北海道表現の寒い、ね。)ため温かいココアを飲みたくなって、それが失敗に終わるんだよ!もうちょい空気読んだ気温にしろよばか。いつまでもあんな野郎をのさばらせておくわけにはいかない。そこになおれぇいっ!拙者がたたき切ってくれる!ええい、者どもぉ出あえーい出あえーい!チャーンチャチャーン チャチャチャチャーン チャンチャンチャーンチャチャーン チャンチャンチャーン チャチャチャチャーン チャンチャラチャチャーチャチャーン(暴れん坊将軍)






ぼくの「暴れん坊将軍」がさむさでちぢこまっちゃった、よ?
| 過去日記 | comments(0) |
オナホールを使ってオナニーした。






あーなるほどね。そのリアクションは確かに致し方ないとは思う。でもひでー。この、見てくれてる人との溝がただでさえ他のサイトより深いのにさらに深まった感。「絶」「望」の2文字。そして「快」「感」の2文字。



うん。そう。すっごい良かった。ローションオナニーに続いて二度目の「すげい!」が出ちゃった。そして大量のスペシューム光線が出ちゃった・・・(*/o\*) 将太の寿司には寿司が美味いと思わず拍手をしてしまう人物がいましたが、僕は余りにも気持ちがいいと「すげい!」と発言するようです。ありゃ確かに物凄ぇわ。ホント物凄い。物凄い、死にたくなる。



だってさ、冷静に考えてごらん?成人男性がシラフで自分のチンコにローション塗りたくって変なシリコン状の物体に挿し込む姿ってみんなが気軽に考えるより遥かに凄い出来事なんだよ。思いのほか惨め。僕が得た気持ち良さ以上の心の傷。女性がバイブを使用する姿は容易に想像がつきますが、男性がオナホールを使う姿って、こう、想像し難いよね。一般的に考えると女性のそれより遥かにマイノリティ。おセックスがしたいけど、出来ないから道具で気を紛らわしてる感が凄い。一応フォローしときますけど、別にセックスしたい!というモチベーションで道具を使ったわけじゃない。好奇心。好奇心は猫をも殺す。(確かに僕が猫と同じペニスを持っていた場合死んでたと思う。)(シリコンにペニスのトゲが刺さって抜けなくなるという未曾有のバイオハザード)確かにそれなりに高頻度でオナニー、ちょっと若者向きっぽい表現だとマスタベ、をしている僕ですが、性欲の強さの余りに・・・とかでは全然無いからね。むしろ暇つぶし。あー暇だなぁ・・・あっ、オナニーしよ。くらいのフランクさ。「あっ、オナニーしよ。」って言いながら「あっ、アレ食べよ。」ってカレーを食べるともさかりえをおかずにする、的な。的なね。的な感じですわ。




最近、どうして人に愛されないのか大分分かってきた。けど、みんなツンデレってことにしとくから。ホントはみんな僕が好きで好きでたまらないはず。分かってる。ちゃんと分かってるよ。死。に。た。い。
| 過去日記 | comments(0) |
あーヤバイ。一年前にも思ったけどもう12月なの・・・?ちょ、地球の野郎早く回転しすぎじゃね?多分通常の1.3倍の速度で回転してやがったよあの野郎。油断ならねえ!おかしいと思った。道理でおかしいと思ったわ(笑)。さすがに早すぎだもん。無理無理。さすがに無理。あと2週間でクリスマスとかマジ嘘としか言いようがない。こっちとしてはまだ一切そういった心の準備とかが行なわれてないよね。まあ、正直なところ、心の準備というか、うん、そのね、例の、一緒に過ごす相手的なもの?うん、認めたくないけどそういうことだよね。俗言うクリスマセックスの相手がいないっつーことだよね。 クリスマセックス!(ちょっと気に入った)



ほら、例年だと「バイト入っちゃったー(泣)」とか言ってれば何とかなったよ。しかし人生とは非情なものでありまして、社会人になった途端思いっきり土日にクリスマス、っていう、こう、諸行無常を感じずにはいられないエピソード。これね。ハートウォーミングさの欠片も無いじゃないか。大変言いにくいけど、世のカップルは全員サンタの髭を擦り付けられて余りのジョリジョリさに肌が荒れろ!とか思う。言っとくけど、今年のサンタの髭は短めだよ。お前らばっかり幸せが訪れると思うなよ!やってやるぜ!


> サンタになるためには、結婚している、子供がいる、体重は120キロ以上などの条件を満たした上で、いくつかの難しい試験を乗り越えなければならないそうだ。たとえば、サンタどうしは「ホッホッホー」だけで意思疎通ができなければならない。




ホッホッホー(ガンバリマス!)
| 過去日記 | comments(0) |
現在午前2時前ですが、僕の方としましても後4時間後には仕事を行なっているという事実には驚きを隠しきれません。驚きを隠しきれないと共に現在乳首が凄い自己主張しております。強さは我儘を押し通す力、ととある海王が言っていましたがそういう意味では僕の乳首は実は凄い強いのかもしれないね。



とまあ、乳首がスタンディングオベーションするくらいに寒い。昨日朝5時半過ぎに職場へ行くために国道をひた走ってふと道に設置されている温度計を見たら「−1度」という、こう、一応義務教育を受けた身としては理解出来るんだけども、どうも理解できない、理解したくない系の数字が目に飛び込んできたのでその刹那「あっ、帰ろう。おウチへ帰ろう・・・おウチへ帰って温かい、そして美味しいシチューを食べよう。」と思ったものでした。地球のバカ野郎ッ!思わず地面を殴った。痛い。





僕は、無力だ・・・。
| 過去日記 | comments(0) |
まあ、どちらかと言うと、耳を舐められるのは好きです。




そんな訳でお久しぶり。淡々とした日常が続いていたらこれほどまでに時間が経過する訳ですね。インターネットとかは割りと高頻度でやっては、いました。女子高生様のスク水ゼリーとか見て「ウホッ!」とかは言ってたかな。うん。3回は言ったね。あと、先日研修なるものが隣の隣の県にて行なわれたんですよ。そこでワタクシは一人でその地まで行き、ビジネスホテルにチェックインして、部屋に行きまずしたことが、テレビに100円を投入して男女のプロレス映像を見たことだった。はははっ。


しかしながら女性の方の顔面がちょっと何と言いますか、少々可哀想な様相を呈しておりまして、僕としてもEDか死か、みたいなところは否めないかな?とか思ったりしてこの先の自分の人生の短さに思いを馳せるしか無かったのでございますが、僕の息子・・・言うなればマイサン、或いは僕自身のジョニーディップ、とでも申しましょうか。そちらの方が僕が女優のブサイクさに天を仰いだと同時に彼までもが天を仰いだ。っつーか天に向かって反り立ってた。そう、今僕がこれを打ちながら食しておるバナナと互角の戦いを繰り広げるレベルで反っちょったよ。この状態で近くに雷が落ちたらヤバい!と思ってしまうほどの熱き自己表現。立派に成長して父は嬉しいぞよ。





男は狼じゃけぇ。


| 過去日記 | comments(1) |
8月も半ばを過ぎてからは多少涼しくはなったけども、最初の方は凄かったよね。僕の働く職場もちょっくら信じがたい現象が起きてました。何かね、44度とかいう多少意味が分からない系の数値が表示されていたので思わずニヤリとした。凄いよね。余りに凄いと半笑いどころかニヤリとなるらしいよ。あと、何か40度以上超えると、何か、もう、温度の差とか分からなくなってくるよ。しかも外出ても照りつける太陽。これね。その日は僕の住む土地が全国で一番暑かったというファック。何でこんな目立たない街がそんなとこで目立っちゃってんだよ。思わぬダークホース。キャプテン翼で言うと完全に次藤君のチームだよ・・・。次藤君のチームったい・・・。



まあ、僕も何故次藤口調なのかは分かりません。とりあえず、その暑さから職場の氷が出来ている部分に頭に当てた瞬間、その刹那、余りの気持ちよさに真顔で氷との結婚を考えたね。真顔だよ?暑さっていうのはそれほど恐ろしいものらしいよ。暑さ・・・恐ろしい子っ!みたいな、さ。北島マヤもビックリだよ。その後余りの暑さゆえに僕の脳内から生み出された物語。↓




僕「氷、冬の間だけは別居しよう・・・」




氷「何で?どうしてそんなことを言うの?私のこと愛してないの?」




僕「いや、愛してるよ。今までもこれからもずっとアイスよ。」





僕「・・・氷だけにね。」








氷「あまーい!(アイスが)」






ホラ、涼しくなった。
| 過去日記 | comments(0) |
おチンポ!!!!!!1



うん、言いたいことは分かる。そりゃ僕も一ヶ月ぶりに更新した最初の一言目がチンポ発言だなんて自分でビックリだよ。でもしょうがない、みたいな面は否めないよ。何故なら僕はコレを書いている現在、勃起をしているからです。勃起を、しておるからです。はっきり言って、ギンギンです。ギンギンであります隊長殿!


↓今日の日記↓




職場でおかしいレベルで汗をかくんだけども、そうなってくると出来るよね。汗疹。ASEMO。ケツに汗疹。ケツモ。ケツモ痛ッ!ケツメイシ!みたいなもんですわな。確かにちょっとこの流れでのケツメイシは苦しいけど、僕のこのケツの痛みの方が苦しいっつーの。ちょっとケツが熱い、っていうレベルに達してたからね。座ってるのが苦痛。ケツが熱すぎて座れないとかどんな諸症状だよ。もうあのレベルまでいくと、ケツが熱いのかアツがケツいのか分からんよね。まあ、分からんよね、とか言われても皆そんな僕のケツの痛み事情なんてどうでもいいというところは理解しとるよ。そりゃ人のシリ事情なんて知りたくないよね。シリたくないよね、シリだけに、さ・・・。でも、とりあえずさ、イスに座ると激痛とかマジ勘弁な。僕の自己分析によるとイスに座ることによって、こう、ケツに血が溜まるっつーか、まあ、ケツの血圧が上昇?みたいな。ケツのケツ圧。そう、ケツ熱っ!だけにね。ケツ熱っ!だけに、ね。




面白ければ笑って、ええよ?誰も止めやしないよ。決してね。ケツしてね。ははは。ははっ。俺相変わらずキレてるなー。
| 過去日記 | comments(0) |
1つだけ言っておくことがある。アンタらに、アンタらに夜勤明けで帰ってきてまず「汗 臭い 防止」でYAHOO検索する21歳男性の気持ちが分かるか!思いのほか、思いのほかハートがブレイクするよ。何かを諦めていくことが大人になるってことなら、僕はもう大人になったんだな、って。そう思って、夏休みが始まった子供たちの声が外から聞こえてくる中、僕は泣いたんだ・・・。あの頃は、何でも出来るような気がしてた。だけど年月っていうのは恐ろしいもので、そんな純粋無垢な少年の体を大きくし、そして心の中の夢を削ぎ落としていったんだ・・・。


分かるかい?ちょっと腋、通称ワッキーからファンキーな臭いが溢れてくるんだ。さらにそれを日記に書くに当たって、英語とかにしたら面白いかなぁと思ってGoo辞書で調べてるうちに、腋を指す英語は無い割りに(Armくらい)腋臭を指す英語があったもののその熟語が余りにも僕を傷つけてきたんだよ。「((have))a (strong) body odor.」だってさ。()でストロングとかつけんなばか。余計なお世話だよ。日本国憲法で定められているであろう人間らしく生きる権利を迫害された気分だよこっちは。危うくパーソナルコンピューターのディスプレイを叩き割りそうになった。ふざけんな。ちょっと臭いくらいですぐこれだよ。本当の平等って、何かな?


さらにさ、この前この臭いに業を煮やしたワタクシ、制汗剤を購入しました!ヤッタネ!で終わりたいのにその臭いが「トイレその後に」みたいなニオイになっちゃった訳。もう、お前ら、ホント、国に帰れ!帰れよ!何だよ、トイレその後にって。トイレその後に・・・何?ちょっとした物語みたいな様相を呈してる。ドラゴンクエスト掘舛修靴禿狙發悄繊▲疋薀乾鵐エスト宗船肇ぅ譴修慮紊法繊△澆燭い覆諭みたいなね、じゃねえよ。みたいなねじゃねえよ、夏。あー今ならかめはめ波打てるかも。打てるかもしれん。
| 過去日記 | comments(0) |
| 1/4PAGES | >>